FC2ブログ
信越リレー妙高号
ここでは、鉄道に関することや旅行へ行ったこと、また妙高市に関することを主に書いていきます。(臨時で、歴史系についても触れるかも?!)記事に関するご感想・ご質問等はコメント欄へ、それ以外のことは画像掲示板へ!

5月19日・広瀬川原車両基地公開

今日は、秩父鉄道の広瀬川原車両基地が一般公開されました。その名も「わくわく鉄道フェスタ」。午前中はいつも通り学校なので、午後から行ってきました。
行きは、普通に熊谷からひろせ野鳥の森まで各停で行きましたが…駅に着くや否や…「何だ!?この人の数!!」とにかく、普段は大して混んでいない駅のホーム上に、溢れんばかりの人が…。
そんなこんなで脚が痛い中(昨日、200mを久しぶりに全力で走ったのがまずかったらしく…筋肉痛)、当然ながら徒歩で基地へ。
まずは、記念乗車券類を買い込んで…(注:自分がほしい種類を各1つずつです)それから撮影。ちなみに…この日に限り、“広瀬川原駅”という駅が設置されました。(無論、超臨時の駅…)
はじめは、貨車群です。ヲキ100、ホキ10000、ホキ1などがいました。
秩鉄貨車群

今度は検修庫です。奥に、デキ103と何か他の車両がいました。
秩鉄検修庫

そして、ようやくメイン系統の展示車両…秩鉄の電気機関車。左からデキ501、デキ201、デキ101です。
秩鉄電機

今日のスペシャルメインイベント、外せないのがこいつ。秩鉄での運行から20周年を迎えた、SLパレオエクスプレス号の牽引機、C58-363です。今日は、事前募集制の“SL運行20周年記念号”を熊谷から広瀬川原まで引っ張ってきました。
SL運行20周年記念号

C58には、秩鉄お得意の日章旗掲揚と特製HMの取り付けが施されていました。
C58装飾

写真はここまで。このあと、6000系による広瀬川原発の臨時直通電車で帰りました。ちなみに、停車駅は…広瀬川原→熊谷→行田市→羽生。急行と同じ状態です。
熊谷から上野まで、高崎線のグリーン車(運よくE231系)。車内では…軽食を取ることと、専ら政治経済のノートまとめをしていました。
そして、行きつけの模型店@秋葉原で買い物を済ませ、上野で宇都宮線に乗ろうとすると…出た出た、“抑止”の文字。ひとまず車内に入り、座席に腰掛け…何があったのかと思っていると、「架線切断」というアナウンス。しかも、初めは京浜東北線って言っていたのだが…しばらくすると、「京浜東北線には支障が無いことから、運転再開をしました…」というアナウンスが。そして、またしばらくすると…湘南新宿ライン・宇都宮線・高崎線の運転再開見込み時刻が…21:00頃なんて表示が。さすがに待っていられるわけないので、山手線で大崎へ行き、埼京線に乗り継ぎましたが…湘南新宿ラインが新宿行きに変更されているので、新宿や池袋で赤羽・大宮へ行く人がどっと乗り込んできました。まあ、殺人的な混雑よりちょっと緩いかな、って感じでした。
赤羽に着くと、東北本線上に211系が2編成も回送状態で停車。1編成は電源入りでホームより上野側へ行ったところに停車し、方向幕は真っ白な状態で停車。もう1編成は、ホームに停車していました。手前の貨物線にも、E231系が止まっていましたが…こちらもパンタを下げていました。
おそらく、この時間帯に正常運転をして都心と大宮を結んでいたの、埼京線だけではないでしょうか…。京浜東北線も遅れていましたので。さすが埼京線…
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

信越リレー妙高号

Author:信越リレー妙高号
職業:某大学の法学部生
最寄路線:JR埼京線
その他:某駅テンポラリースタッフ

趣味は、鉄道をはじめ旅行、海釣り、歴史研究(自分の家について)が中心です。
鉄道と言っても、最近はNゲージに没頭中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク