FC2ブログ
信越リレー妙高号
ここでは、鉄道に関することや旅行へ行ったこと、また妙高市に関することを主に書いていきます。(臨時で、歴史系についても触れるかも?!)記事に関するご感想・ご質問等はコメント欄へ、それ以外のことは画像掲示板へ!

5月6日・新潟車両センターへ

今日は、朝から新潟車両センターに行ってきました。もちろん、新幹線で。
当初は、4日から妙高へ行っている予定だったんで、その帰りに寄ることにしていたんですが、妙高へ行くこと自体が中止となり…。結局、これだけ見に行くことに。
朝、とりあえずは大宮の指定席券売機のキーを叩き、往路の“とき303号”は10号車のE席を確保。
…問題は復路。この間から空席状況を見ても、上りの新幹線は満席続き…。今日という今日に、まさか…と思ったら、自分が乗ろうと思っていた“Maxとき322号”のグリーン車に僅かな空席!!すぐさま押さえると、10号車のD席。まあ、結構微妙な位置でしたけど、座れないよりはマシですね。

切符と食料を購入後、新幹線ホームに行くわけですが…時間が早かったため、目の前には“とき303号”の先を走る“あさま503号”が。よく見るとN21編成…E2系の試作編成でした。
しばらくすると、200系K44編成が入ってきました。乗ってみると…がら空き。なかなか貸切的な空間で良かったかも。(でも…券売機で見たときは、もっと埋まってた気がするんだけど…?)
新潟到着後は、まずは“SLばんえつ物語号”を撮影。初めてリニューアル12系を目前にしたわけだが…微妙。とりあえずは、微妙の一言に尽きる。
SLばんえつ物語号

ちなみに…今日、SLの横で記念撮影のお手伝いをしていた専属車掌氏、3月18日の“SL村上ひな街道号”の時の車掌氏でした。

その後、キハ110に揺られて越後石山へ。ちなみに、新潟~越後石山間は、往復Suicaを使いました。
駅から歩いて15分くらい行くと、入口が見えてきました。
なお、今回のイベントは…「181系電車車両」さよなら展示会。
同センターに保管されているクハ181-45が、さいたま市大宮区に今秋オープンする“鉄道博物館”に移送されることに伴い開催されたもの。

というわけで、メインの展示車両、クハ181-45から。
クハ181-45

説明書きの看板もついていました。
クハ181説明

そして、説明書き看板の反対サイドには、移送に伴う諸工事に関する看板がありました。
クハ181工事看板

そして、受付で記念品を頂き…早速、現役車両の展示場へ。
まずは3並びから。左側より、新潟車両センター所属の485系K2編成、京都総合車両所所属の581・583系B01編成、同じく新潟車両センターに所属するクモヤ143-51。ようやく、湘南色のクモヤ143を見られました。
新潟車両センター1

クモヤ143の後ろには、115系訓練車(クモヤ115-1+クモヤ114-1)がいました。初代新潟色の上から湘南色を塗ったらしく、かなり新潟色の塗り分けラインが見えてました。
115系訓練車

で…結局これだけ。車両としてはなかなか良かったですが…ここに、DD53とかDD14を引っ張り出すと、かなりすごいことになったんでしょうけど…。
ちなみに、もらった記念品はこちら。
記念入場券(硬券タイプ)と181系電車概要資料です。
イベント記念品

というわけで、これでおしまい。この後は、普通に“Maxとき322号”で帰ってきました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

信越リレー妙高号

Author:信越リレー妙高号
職業:某大学の法学部生
最寄路線:JR埼京線
その他:某駅テンポラリースタッフ

趣味は、鉄道をはじめ旅行、海釣り、歴史研究(自分の家について)が中心です。
鉄道と言っても、最近はNゲージに没頭中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク